About UBASE Japan

UBASE Japanについて

UBASE Japanとは

UBASE Japan はUBASEによるアジア全域展開の戦略拠点として2018年に事業を開始しました。独立した日本法人でありながら、UBASEの理念である「Good People Good Company」を共有し、「コンタクトセンターで働くこと」「コンタクトセンターを活用すること」のパラダイムシフトを提案し、実践しています。
業界では稀なフルタイム長期雇用社員を基本としたオペレーションで実現する安定稼働。人材採用の優位性に特化したロケーションと、多様な要求に応える拡張性を備えたオペレーションセンター。UBASE韓国との密接な業務連携によるBCPの実現と多国間稼働マネジメントなど、物理面の盤石さとソフト面での拡張性、柔軟性を備えた理想的なコンタクトセンターを実現しています。
また、営業面においても国内完結ではなく、UBASEのグローバル・ビジネス・デベロップメントチーム(韓国)主導による多国籍体制で展開しています。 「コンタクトセンターで働くこと」「コンタクトセンター/BPOを活用すること」を一過性のものではなく、働くひと、活用する企業の両者にとって「継続」「成長」であるべきであると考え取り組んでいます。

代表メッセージ

“Think global, Act local”という言葉があります。意訳ですが「国を超えた高い位置からの視点で状況を把握し、そのうえで手元の仕事をしよう。」といった意味になるかと思います。

「手元の仕事」の代表格とも言えるコンタクトセンターの仕事でも、高い位置から客観視することで、自分の役割や意味、成長のためにやるべきこと、そして変革のアイデアとその道筋に至るまでいろんな事を見つけることが可能なはずです。
UBASE Japanはそんな考え方や行動ができる人を応援し、実現のためのプロセスと環境を提供します。

会社設立時点から海外連携が前提とされている当社では、BCP目的を含めたシームレスな海外連携運用を実現しています。また、2020年からは在宅勤務を主体とする姉妹会社との密接な連携も開始しており、大規模センター型ではないながらも多様なサービスデリバリー形態を有しています。
近年の市場の急速な変貌に対し、柔軟性、多様性、そしてスピードこそが価値となると考え、常にベンチャースピリットを維持し運用を続けてまいります。

CULTURE

UBASE Japanのカルチャー

「Good People, Good Company」これは、UBASEグループ会社の誰もがすぐに答えられる企業理念です。「善良な人々が良い会社を育み、良い会社が善良な人々を担う」という思いが込められており、良い意味での相互依存関係が表されています。 UBASE Japanでもこの理念を共有していますが、口うるさく押し付けることはありません。所属や役職にかかわらず、意見を交わし、あるいは助け合う文化が自然に生まれ、お互いを尊重しながら楽しく仕事ができる会社です。 また、100%外資企業という特徴もあり、社内では英語、韓国語、中国語での会話も聞こえてくることが珍しくなく、多様な文化も自然に受け入れられる社風があります。 「一風変わった」という言葉では語弊があるかも知れませんが、「家族的な雰囲気ながらも、多様性を受け入れ、各々が責任をもって主体的に活動している」そんな文化の会社です。

GOOD PEOPLE

GOOD COMPANY
Translate »